メンズ

子供の成長と誕生を祝う風習│お宮参りの写真を残す

思い出に残す

家族

お宮参りという言葉を耳にすることはあるでしょうが、実際にどういった事をする行事なのか知っている人は少ないでしょう。そこで、お宮参りをする意味を説明します。主な理由としては、無事に子供が生まれた事とこれからの成長を願って参拝する意味があります。昔は、神様に生まれた子供の祝福と同時に産後の忌明けという意味が含まれていましたが、今ではそういった意味で参拝する人は少なくなってきました。お宮参りは、男の子ならば生後31日後で女の子ならば生後32日以降が目安となっています。この日以降に天気が良く縁起のいい日に家族全員で参拝をします。真冬に生まれた場合や、真夏に生まれた場合は、季節をずらして行なうこともできるので、必ずこの日に行なわないといけないという規則はありません。なので、子供に負担がかかりにくい日を選ぶことが出来ます。

上記のようにお宮参りをする場合は、記念に写真を残す人も少なくありません。写真を撮る場合は、お宮参りをする神社で依頼をするか最寄りの写真スタジオに依頼をしておきましょう。神社で撮影をすることもできますが、参拝客が多い場合はゆっくりと撮影をすることができない場合もあるので、時間に余裕をもって撮影をしたい場合はスタジオで撮影をするのも一つの方法です。写真スタジオならば、お宮参りの恰好のまま写真を撮る事もできますが、綺麗に着飾りたい場合は衣装を借りる事もできます。写真を撮る場合は、子供の機嫌の良い時間帯を選ぶとスムーズに撮影を行なうことが出来るでしょう。

思い出の写真

女の子

子供の成長を祝うための行事でもある七五三のときに、家族の思い出として家族写真を撮るのも素敵な方法の一つです。スタジオで写真を撮ってもらえば家族全員が満足のいく写真を撮ることができるでしょう。

詳しく読む

イメージに合った撮影方法

スタジオ

大阪にも様々な種類の写真スタジオがあるので、自分がどういった撮影方法で写真を撮りたいかで選ぶと良いでしょう。そうすることで、イメージに通りの写真を撮る事が可能になります。

詳しく読む

撮影の方法

男の子

七五三の記念写真を撮るならば、自分たちがイメージする写真に近い方法で撮る事ができるスタジオを選ぶと良いでしょう。屋内で撮るのと、屋外で撮るのとではまったく異なる雰囲気の写真を作ることができます。

詳しく読む