カメラマン

子供の成長と誕生を祝う風習│お宮参りの写真を残す

思い出の写真

女の子

子供がいる家庭では必ず行なっているといっても過言ではない七五三のお祝い行事は、日本に伝わる伝統的な文化の一つです。現代では簡単に治る病気でも昔は難病と言われており、多くの子供が命を落としました。そういった子供達を少しでも減らして、元気に成長してくれるようにと願いを込めて、成長年齢の節目で神社に参拝していたことが由来となっています。千歳飴も、その願いの込められた物の一つで、飴を棒状に伸ばして作ることで子供の長生きを祈願して配られていました。この千歳飴は、今でも七五三の参拝のときに購入したり、神社によってはプレゼントされる場合もあります。

上記のように、子供の健康と成長を願う為に行なわれている行事の七五三ですが、今でもその意味合いは変わりません。ですが、最近では成長の証として家族写真を残す人が増えています。大切な子供の成長を祝い、初めての晴れ着姿を残すことは親にとっても大切な思い出になるでしょう。しかし、多くの人は、自分たちで家族写真を撮って終わる場合があります。ですが、自分たちで写真を撮ると失敗してしまったり、手間がかかったりするので思うように綺麗に残すことが出来ません。綺麗に写真を撮るならば、写真スタジオで撮影を行なった方が良いでしょう。子供一人だけの七五三写真を撮ることもできますし、家族写真を撮ることもできます。スタジオにいるプロのカメラマンならば、家族全員が満足のいく素敵な家族写真を撮ることができますし、綺麗にプリントしてもらうこともできるでしょう。